ドコモ(docom)法人契約で携帯電話をより安く便利に使うテクニック

ドコモ(docomo)法人携帯契約に「ドコモ光」が外せない理由

ドコモ(docomo)法人携帯契約に「ドコモ光」が外せない理由

“ ドコモ光 ” といえば、現在テレビCMでもお馴染みとなり、名前だけ知っているという方も多いのではないでしょうか。

そんなドコモ光は、法人契約も可能なのですが、

「料金の仕組みが難しそう」

「何がお得になるの?」

など、名前は知っていてもサービス内容までは分からない方も当然おられると思います。

ドコモ光は、2015年3月から提供を開始し、個人、法人を含めて今ではその会員数は何と300万件以上とのこと。

そこで今回は、ドコモ光とはどんなサービスなのか、また、法人契約で受けられるおトクな2つの割引サービスに関してご説明いたします。

1、そもそもドコモ光とはどんなサービスなのか?

まず、ドコモ光で使われている光回線は、もともとはNTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」をドコモなどの通信事業者が受け、フレッツ光の速度・品質はそのままに、独自のキャンペーンや施策をプラスした新しいインターネットサービスです。

いわゆる「光コラボレーション」です。

簡単に言うと、「フレッツ光」とは名称とサービス内容が違うだけのことです。

ドコモ光のサービス内容は?

ドコモ光は、2015年3月1日から提供を開始し、法人契約でも会社のインターネットと利用しているスマホ、タブレット、ケータイがセットでおトクになるサービス。簡単には「セット割」サービスになります。

そのサービスの特徴は、会社のインターネットが、最大概ね1Gbpsの超高速のデータ通信が可能。

パソコンはもちろん、スマホでも大容量のWebページの閲覧、アプリのダウンロードなどサクサク快適に利用できます。

また、ドコモのショップは全国に約2,400以上のショップを展開。各ショップでは法人携帯はもちろん、ドコモ光の契約からアフターサービスまで対応してくれるので安心してご利用になれます。

その他にも、「ネットトータルサポート」や「訪問サポート」も行っているので、ショップに行く時間が無い方でも安心です。

2、ドコモ光の2つの割引サービスでさらにおトクに!

ドコモ光は、信頼性もあり安定したサービスを提供していますが、さらに「安い」ことでもメリットがあります。

その理由は、

➀「ドコモ光パック」
➁「ずっとドコモ割」

と、この2つの割引サービスによって、さらにおトクにご利用になれるからです。

➀「ドコモ光パック」

「ドコモ光パック」は名前のイメージ通り、インターネットと法人携帯・スマホをまとめて、セットで500円~最大3,200円割引になるサービスです。後で詳しく説明いたしますが、割引額は契約する「定額プラン」と「ドコモ光+パケットパック」で異なります。

➁「ずっとドコモ割」

ずっとドコモ割は、ドコモのケータイやスマホを4年以上使っていれば、契約するパケットパックが、ドコモご利用年数に応じて自動的に割引になる割引サービスです。

パケットパック名称 ドコモ利用年数
4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ケータイパック 最大-300円
データSパック(小容量) -600円
データMパック(標準) -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLLパック -200円 -400円 -600円 -800円
ウルトラビジネスシェアパック30 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラビジネスシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラビジネスシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円
ビジネスシェアパック5 -100円 -200円 -600円 -800円
ビジネスシェアパック10 -400円 -600円 -800円 -1,000円
ビジネスシェアパック15 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円

シェアパックをご契約の場合は、グループ代表回線のドコモご利用年数に応じて割引になります。

以上2つの割引サービスが適用され、もともと安い料金がさらにおトクになります。

使い続ければ割引額も少しずつ増えてくるので、長く付き合うことができるのではないでしょうか。

3、ドコモ光の3種類の定額プランを簡単解説

ドコモ光の3種類の定額プランを簡単解説

ドコモ光は料金プランが難しいという声もあるようですが、意外にシンプルです。

ドコモ光は、インターネット料金とプロバイダ料金が一体型となり、定額プランは選ぶプロバイダの種類によって、

➀タイプA

➁タイプB

➂単独タイプ

と3つに区分され、さらに「戸建」「マンション」に分けられ、主要6パターンになります。

➀タイプA

タイプAで選べるプロバイダは、

ドコモnet/plala/So-net/GMOとくとくBB/andline/Excite/Tigers.net.com/U-pa/ビッグローブ/DTIエディオンネット/SYNAPSE/TIKIRIKIインターネット/楽天ブロードバンド/ネスク/01光コアラ/ic-net/hi-ho

以上、18プロバイダから選ぶことができます。

➁タイプB

タイプBで選べるプロバイダは、

TCOM/OCN/ニフティ/TNC/ASAHIネット/WAKEAK/@ちゃんぷるネット

以上、5プロバイダから選ぶことができます。

➂単独タイプ

単独タイプは、プロバイダを自分で選ぶことができ、料金は別途になります。

そこで、月額料金の6つのパターンを表にしたものが以下の通りとなります。

定額パターン 戸建 マンション
タイプA
プロバイダ料金込み
5,200円/月 4,000円/月
タイプB
プロバイダ料金込み
5,400円/月 4,200円/月
個別タイプ
プロバイダ料金別
5,000円/月 3,800円/月

次に、前項でも説明しましたが、インターネットと法人携帯・スマホ(パケットパック)をまとめて、セットで500円~最大3,200円割引になります。ここでは、「タイプA 戸建」で説明いたします。

ドコモ光パック
(ドコモ光+パケットパック)
2年定期契約
月額料金
内 訳
パケットバック ドコモ光 セット割
光ビジネスシェアパック3000 1,902,000
円/月
ビジネスシェアパック3000
1,900,000円/月
5,200円/月 3,200円/月
割引 ※
光ビジネスシェアパック2000 1,302,000
円/月
ビジネスシェアパック2000
1,300,000円/月
光ビジネスシェアパック1500 1,002,000円/月 ビジネスシェアパック1500
1,000,000円/月
光ビジネスシェアパック1000 682,000円/月 ビジネスシェアパック1000
680,000円/月
光ビジネスシェアパック700 482,000円/月 ビジネスシェアパック700
480,000円/月
光ビジネスシェアパック500 347,000円/月 ビジネスシェアパック500
345,000円/月
光ビジネスシェアパック400 282,000円/月 ビジネスシェアパック400
280,000円/月
光ビジネスシェアパック300 217,000円/月 ビジネスシェアパック300
215,000円/月
光ビジネスシェアパック250 182,000円/月 ビジネスシェアパック250
180,000円/月
光ビジネスシェアパック200 147,000円/月 ビジネスシェアパック200
145,000円/月
光ビジネスシェアパック150 111,000円/月 ビジネスシェアパック150
109,000円/月
光ビジネスシェアパック100 75,000円/月 ビジネスシェアパック100
73,000円/月
光ビジネスシェアパック70 53,500円/月 ビジネスシェアパック70
51,500円/月
光ビジネスシェアパック50 39,000円/月 ビジネスシェアパック50
37,000円/月
光ビジネスシェアパック15 15,900円/月 ビジネスシェアパック15
12,500円/月
1,800円/月
割引
光ビジネスシェアパック10 13,500円/月 ビジネスシェアパック10
9,500円/月
1,200円/月

割引

光ビジネスシェアパック5 10,900円/月 ビジネスシェアパック5
6,500円/月
800円/月
割引
光ウルトラビジネスシェアパック100 27,000円/月 ウルトラビジネスシェアパック100
25,000円/月
3,200円/月
割引 ※
光ウルトラビジネスシェアパック50 18,700円/月 ウルトラビジネスシェアパック50
16,000円/月
2,500円/月
割引 ※
光ウルトラビジネスシェアパック30 16,700円/月 ウルトラビジネスシェアパック30
13,500円/月
2,000円/月
割引
光ウルトラデータLLパック 12,100円/月 ウルトラデータLLパック
8,000円/月
1,100円/月
割引
光ウルトラデータLパック 10,300円/月 ウルトラデータLパック
6,000円/月
900円/月
割引
光データMパック 9,400円/月 データMパック(標準)
5,000円/月
800円/月
割引
光データSパック 8,200円/月 データSパック(小容量)
3,500円/月
500円/月
割引

料金の詳細でしたが、「マンション」では割引額が異なり、※印の項目で、3,200円/月→3,000円/月、2,500円/月→2,400円/月となります。

あとは変わらない設定になっています。

このように、ドコモ光パックの月額料金に関しては、基本的に選ぶプロバイダの種類とバケットパックによって割引額などの金額が異なります。

4、まとめ

ドコモ光について詳しくご説明しましたが、パッと見難しそうに感じますが、意外にシンプルな料金システムだと思います。

法人でドコモ光をご利用になる際には、インターネットと法人携帯をセットで利用することが、毎月の月額料金に対して2つの割引サービスが適用され、おトクにご利用になれるサービス内容となっています。

法人携帯とインターネット環境が整う上に、さらに月額料金もセットでおトクにご利用になれますので、現状のデータ通信環境にご不満な方は、ドコモ光を検討してみてはいかがでしょうか。

最近の投稿
人気の記事
おすすめ
ページ上部へ戻る