ドコモ(docom)法人契約で携帯電話をより安く便利に使うテクニック

ドコモ(docomo)法人携帯契約の新プランは本当に何もかもおトクなの?

ドコモ(docomo)法人携帯契約の新プランは本当に何もかもおトクなの?

法人契約の法人携帯の料金プランは、何となく複雑だと感じることがありませんか?

法人向け携帯市場は、ドコモをはじめ、au、ソフトバンクの3大キャリアに加えて、現在ではY!mobileといった、いわゆる「格安SIM」も法人向けの市場に参入し、各社さまざま工夫した法人契約の料金プランを提供しています。

そんな状況の中でドコモでは、法人契約の料金ブランを「カケホーダイ&パケあえる」という新料金プランのサービスを展開しています。

名前も何となく柔らかいイメージですが、実際の料金プランもシンプルなものになっています。

そこで今回は、ドコモの法人契約向け料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」について、分かりやすくご説明いたします。

1、ドコモの法人契約料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を簡単解説

ドコモの法人契約では、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」、『スマートフォンもタブレットもケータイもデータ通信も社員みんなでおトクに使える!』をコンセプトに、法人向けに提供しています。

個人向けにも提供されていますが、法人向けにプラン内容を設定しているものです。

その料金の仕組みは、

➀基本プラン + ➁パケットパック - ➂ずっとドコモ割 = 月額使用料金

と、意外にシンプルな料金形態となっています。

それぞれの項目について以下の通りとなっています。

➀基本プラン

カケホーダイプランは、ドコモケータイは勿論、他社ケータイや固定電話への国内通話が24時間通話料無料、その他にも、

カケホーダイライトプラン:1通話あたり5分以内の国内通話が何度でも無料

シンプルプラン:通話を受けることの多い方向けのシェアパック専用プラン

データプラン:データ通信のみご利用の場合にオススメなプラン

デバイスプラス:周辺機器向けのプラン

と、スタンダードプランと合わせて、5種類のプランから利用に合わせて選択できます。

各料金は税抜き額になります。

基本プラン 名称 月額基本使用料 通話料
カケホーダイプラン スマホ・タブレット カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700円 国内通話無料
ケータイ カケホーダイプラン(ケータイ) 2,200円
カケホーダイライトプラン スマホ・タブレット カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 1,700円 1回あたり5分以内
の国内通話無料
ケータイ カケホーダイライトプラン(ケータイ) 1,200円
シンプルプラン スマホ・ケータイ シンプルプラン(ケータイ)

シンプルプラン(スマホ)

980円 国内通話20円/
30秒
データプラン スマホ・タブレット データプラン(スマホ/タブ) 1,700円
データカードルーター データプラン(ルーター) 1,200円
デバイスプラン フォトパネル
など
デバイスプラン500 500円
デバイスプラン300 300円

出典:ドコモ(docomo)

以上の基本料金と、利用に応じてISP(インターネットサービスプロバイダ)料金がかかります。

・spモード:300円

・iモード:300円

・mopera U:200円~

また、2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約の申し出がない場合、自動更新となりますが、契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金がかかります。

➁パケットパック

パケットパックは25種類あり、一番小さい200MB(月額定額料300~4,200円)のプランから、最大3000GB(月額定額料1,900,000円)のプランまであります。

会社の規模によって選びやすくなっており、データを無駄にしない仕組みとなっています。それは、

「パケットくりこし」でパケットパックの利用可能データ量を使わなかった場合、翌月に繰り越して利用できます。

社員グループでシェアしている場合も、使わなかったデータ量を翌月に繰り越せるため、さらに無駄なく利用できます。

また、「シェアパック分割請求オプション」で、利用料金をシェアグループ内の回線で均等に分割して支払いができ、さらに便利になっています。

➂ずっとドコモ割

ドコモのケータイやスマホを長い間利用していれば、ご契約のパケットパックが、ドコモご利用年数に応じて自動的に割引になる割引サービスです。

シェアパックをご契約の場合は、グループ代表回線のドコモご利用年数に応じて割引になります。

年数に応じた割引額は以下の通りとなっています。

パケットパック名称 ドコモ利用年数
4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ケータイパック 最大-300円
データSパック(小容量) -600円
データMパック(標準) -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLLパック -200円 -400円 -600円 -800円
ウルトラビジネスシェアパック30 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラビジネスシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラビジネスシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円
ビジネスシェアパック5 -100円 -200円 -600円 -800円
ビジネスシェアパック10 -400円 -600円 -800円 -1,000円
ビジネスシェアパック15 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円

出典:ドコモ(docomo)

以上がドコモの「カケホーダイ&パケあえる」の料金の仕組みになります。

カケホーダイブラン基本料は2,700円(税別)となり、これにパケットバックと利用年数によって割引が適用され、月額使用料金となります。

とはいっても、料金形態だけ見てもイメージが湧かないと思いますので、docomo Business Onlineで紹介されているモデルケースをご覧ください。


出典:ドコモ(docomo)

こちらはあくまでモデルケースなので基本プランは細かく設定されていますが、部署や担当者に適したプランで契約することが求められます。

このケースでは、1台あたり2,200~4,300円程度に収まっており、個人向けサービスよりもかなりお得感があるのではないでしょうか。

2、まとめ

ドコモの法人契約向けプラン「カケホーダイ&パケあえる」を簡潔に説明してきましたが、ある程度ご理解していただけましたか?

基本プランでは、大半の方はカケホーダイプランやカケホーダイライトプランを選ばれていますが、基本は利用に応じて5種類プラン内容から選ぶことができます。

また、携帯電話特有の「2年縛り」が当然カケホーダイプランにもありますので、乗り換えや機種変の際のプラン変更には注意しておきましょう。

最近の投稿
人気の記事
おすすめ
ページ上部へ戻る