ドコモ(docom)法人契約で携帯電話をより安く便利に使うテクニック

6つのセキュリティ強化策が頼もしいドコモの法人携帯契約

6つのセキュリティ強化策が頼もしいドコモの法人携帯契約

法人携帯を導入することで、通信コストの削減や経理業務の簡素化などのメリットはあるものの、懸念されるのが盗難・紛失することによる情報漏えいではないでしょうか。

ドコモをはじめ法人携帯の導入で最も重要な課題は「セキュリティ対策」です。

近年、携帯のセキュリティといえば、情報漏えい問題がTVでも大きく取り沙汰されますが、盗難・紛失対策だけでなく、その情報を悪用しようと考えている悪人から情報を守ることも重要なセキュリティ対策となります。

そのセキュリティ対策は、キャリア各社で様々なサービスを提供していますが、ドコモの法人契約においては6つのサービスを提供しており、セキュリティ強化をしたい法人にとって心強い味方になってくれます。

ここからは、ドコモ法人契約で提供されている6つのセキュリティ対策サービスについて詳しくご説明いたします。

1、ドコモ法人携帯の6つのセキュリティ対策サービスとは?

ドコモ法人携帯の6つのセキュリティ対策サービスとは?

出典:ドコモ(docomo)

法人携帯を社員に支給する上で、紛失・盗難といったトラブルやウィルス感染などの情報セキュリティの問題が懸念されます。

そこで、ドコモではセキュリティ強化のために、懸念される要素ごとに6つの対策サービスを提供しています。

それを表したものが次の通りとなります。

ウィルス対策 迷惑
メール対策
紛失端末の
位置検索
ロック
利用中断
初期化
機能の
使用制限
ケータイの
一括設定
ウィルス対策
アプリの配信
あんしんネットセキュリティ ケータイお探し
サービス
おまかせロック
ドコモあんしん
スキャン
遠隔初期化
あんしんマネージャー

以上のように、対策する要素によって6つのセキュリティ対策サービスが用意されており、必要に応じて利用することができます。

2、6つのセキュリティ対策サービスの内容を理解しておこう

ドコモ法人携帯の6つのセキュリティ対策サービスとは?

それでは、前項でご説明したセキュリティ対策サービスは以下の通りです。

あんしんネットセキュリティ

ドコモあんしんスキャン

ケータイお探しサービス

おまかせロック

遠隔初期化

⑥あんしんマネージャー

以上6つのセキュリティ対策サービスのサービス内容詳しく見ていきましょう。

あんしんネットセキュリティ

ウィルス・危険サイト・迷惑メール・迷惑電話対策などセキュリティサービスがまとめて利用できるのが「あんしんネットセキュリティ」です。

別途に申込みが必要になり、月額使用料は200円で初回31日間無料のサービスを行っています。使われる機能は、

ドコモあんしんスキャン:ウィルス対策

迷惑メールあんしんブロック:迷惑メール対策

あんしんナンバーチェック:迷惑電話対策

といった機能がまとめてご利用になれる便利なサービスとなっています。

ドコモあんしんスキャン

「あんしんネットセキュリティ」でもご利用になれますが、ウィルス対策だけでいいという場合は個別に申し込みができます。

その主な機能として、

ラキュリティスキャン:アプリインストール時など、様々なルートから侵入するウィルスを検出

セーフブラウジング:フィッシングサイトなど危険なサイトへのアクセスを警告しブロック

プライバシーチェック:インストールしているアプリから位置情報などの個人データを外部送信する可能性があるかどうかをチェック

以上3つのスキャン機能で、様々なウィルスなどの危険に対してセキュリティ対策を行います。

ドコモ法人携帯の6つのセキュリティ対策サービスとは?

ケータイお探しサービス

万一支給されたケータイやスマホを紛失してしまった際に、その紛失端末のおおよその位置を検索ができるサービスです。

さらに、GPS対応機種ならGPSを利用した精度の高い位置情報を地図上で確認できます。

別途に申込みが必要となり、利用料金は、

・2017年5月以降発売の機種:月額50円(補償期間中は無料)またはスポット契約3,000円

・2017年4月以前発売の機種:月4回まで無料。5回目以降は1回あたり300円

と、機種の販売時期によって分かれています。

おまかせロック

万一お使いの法人携帯を紛失してしまったり、盗難にあってしまった場合、ドコモの24時間受付の「0120-524-360」へ電話するだけで、ケータイ本体やスマートフォンの画面にロックができるサービスです。

また、同時におサイフケータイの機能もロックされます。

このサービスの特徴は、

・紛失・盗難など、なくしたケータイやスマホを電話1本ですぐにロックできる

・電波が届かない圏外でロックがかけられなくても、1年以内に通信可能になると自動的にロックされる

・あらかじめ端末の設定をしておく必要がない

といった、電話1本でロックができる便利なサービスとなり、申し込みや月額料金は不要です。

遠隔初期化

ドコモ法人携帯の6つのセキュリティ対策サービスとは?

遠隔初期化とは、会社のパソコン「My docomo」から回線を指定して、ドコモのケータイ・スマホ・タブレットの端末初期化およびSDカードに書き込まれたデータを遠隔操作で消去するサービスです。

このサービスの特徴をまとめると以下の通りとなります。

  ・紛失・盗難によって失くしてしまった端末のデータをパソコン(My docomo)で遠隔初期化ができる

  ・SDカードのデータも消去可能

  ・「おまかせロック」でおサイフケータイ機能をロックした状態は維持されるため安心

こちらも申し込みや月額料金は不要となり、利用方法については、

  1.パソコンでMydocomoにアクセスした後、「dアカウント」でログイン

  2.ドコモアプリパスワードを入力して申し込み

と、dアカウントやアプリパスワードの設定が必要なので、不明な点はドコモに問い合わせておきましょう。

あんしんマネージャー

「あんしんマネージャー」は、ドコモが提供するMDMサービスです。

MDMとは?モバイルデバイス管理(Mobile Device Management)の略。

企業がケータイを管理、運用する際に利用する管理ツールのことです。

社員に支給した法人携帯に対して、カメラやワンセグなどの機能制御や業務に不要なアプリのダウンロード制限、利用状況の監視などの管理業務に活用できます

iOS、Android、Windows、spモードケータイ、iモードケータイを区別することなく、パソコン(Web管理サイト)から一括で設定・制御が可能になっています。

利用できる機能と月額料金は以下の通りとなります。

機能名 内容 月額料金
ロック・利用中断 紛失した端末の画面・ボタン操作を遠隔からロック
また、回線を一時的に通信不可にし、不正利用と情報漏えいを防止
250円
/月・回線
※Windowsは、400円
/月・回線
初期化 アドレス帳、発着信履歴、メールの送受信履歴、画像などのデータを全て消去
共有電話帳管理 社内各部署や取引先など、共用利用する電話帳を管理者が遠隔から一斉配信
メッセージ配信 管理している法人携帯へ、一斉にメッセージの送信が可能
ブラウザ利用制限 事前に登録したサイト以外へのアクセスを制限
機能制限・デバイス設定変更 カメラなどデバイス機能の制限に加え、アプリの配信などが可能
ドコモサービス設定 メールアドレス変更・迷惑メール対策などの設定が遠隔から可能
セキュリティアラート 管理・運営上問題があるユーザーを検出したら管理者に自動通知される

以上の機能が1回線あたり250円で利用でき、さらに、初回31日間は無料となっています。

その他に、オプションとして

・「閉域接続オプション」:ドコモのネットワーク管理ができない環境でも管理が可能…100円/月・回線

・「iモードアクセス履歴」:ブラウザの利用状況や、iモードメールの送受信履歴の確認が可能…無料

以上の2つの機能が利用できます。

このように、おトクな上、社内の携帯管理者の負担軽減にもなり、とても便利なサービス内容になっています。

3、まとめ

ドコモ法人携帯の6つのセキュリティ対策サービスとは?

ここまでドコモの法人向けの6つのセキュリティ対策サービスのご説明でしたが、ご利用に合わせて自由に活用できます。

有料のサービスでも、月額200~300円程度なので、心配が懸念される項目についてはご利用をおすすめします。

情報化社会となって現代においては、情報漏えいなどのリスク回避のためのセキュリティ対策は必須であり、特にケータイやスマホといった通信デバイスに関しては、キャリアから提供されているセキュリティ対策に申し込んでおくと安心してご利用になれると思います。

最近の投稿
人気の記事
おすすめ
ページ上部へ戻る