ドコモ(docom)法人契約で携帯電話をより安く便利に使うテクニック

ドコモの法人携帯契約向けWi-Fiルーターの5大メリットは?

ドコモの法人携帯契約向けWi-Fiルーターの5大メリットは?

“Wi-Fi” といえば、現代社会においては必要不可欠なものとなり、今では一般家庭でも「Wi-Fiルーター」を設置してネットサーフィンも快適なものとなっています。

当然ビジネスにおいて、社内、社外へのネットワーク構築のためには、有線・無線のWi-Fiルーターは欠かせないものとなっています。

また、スマホやタブレットなどのデバイスの急増によって、「モバイルWi-Fiルーター」も、ドコモをはじめ、au、ソフトバンクなどのキャリアでも力を入れてサービスを行っています。

では、ドコモのモバイルWi-Fiルーターには、どのような特徴があるのか?

ということで、今回はドコモ(docomo)の法人でも利用されている「モバイルWi-Fiルーター」の5つのメリットと、ドコモの商品ラインナップをご紹介いたします

1、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの5つのメリット

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの5つのメリットそもそも「モバイルWi-Fiルーター」とは、電波が届く場所であれば、屋内や野外でも使えるインターネット接続専用の携帯端末で、単に「モバイルルーター」と呼ばれることもあります

パソコンやスマホ、ダブレット、ゲーム機などのWi-Fi対応機器を、ソフトバンクのインターネット回線に接続でき、主な使い方は、出張先や外出先、移動中にも、パソコンからメールの確認や情報収集、資料作成などで活躍しています。

では本題の、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの5つのメリットをご紹介いたします。

メリット➀ 工事が不要

モバイルWi-Fiルーターなら面倒な回線工事が不要で、契約日からすぐに使えます。

メリット➁ ドコモのスマホとパケットをわけあえる

ドコモの法人契約のパケットパック「ウルトラシェアパック30,50,100」とモバイルWi-Fiルーターの組み合わせ利用することで、データ量を気にせずお得に使えます。

メリット➂ データ通信エリアが超高速

ドコモの通信エリアでは、受信時最大788Mbps、送信時最大50Mbpsと、超高速通信が可能。

メリット➃ 配線が不要

モバイルWi-Fiルーターは配線が不要なので、電波は届く場所ならどこでも利用することができます。

メリット➄ ビジネスにも安心のセキュリティ

無料のWi-Fiスポットでセキュリティ面が不安。しかし、ドコモのモバイルWi-Fiルーターなら、自分専用のデータ通信回線のためセキュリティも安心。

さらに、「mopera U」を利用すれば、安心してインターネットを利用できる「特定サイトブロック」「ウィルスサイトブロック」を無料で利用できます。

mopera Uとは、外出先でも屋内でも快適なインターネット環境を提供するドコモのインターネットサービスプロバイダです。

Xi、FOMAのモバイル通信をはじめ、公衆無線LAN、フレッツ・ADSL、Bフレッツ、フレッツ 光ネクストなどのブロードバンド回線にも対応しており、「いつでも」「どこでも」最適な通信環境でインターネットが楽しめます。

月額150円~となっています。

固定回線の場合は、NTTなどの工事やプロバイダ契約などの手続きが必要ですが、モバイルWi-FiルーターはコンセントがあればOK

電波が届く範囲ならどこでも気軽に利用できます。

2、ドコモのデータ通信「モバイルWi-Fiルーター」商品ラインナップ

ドコモのモバイルWi-Fiルーターのメリットをご理解していただいたところで、現在ドコモで販売されているデータ通信製品のモバイルWi-Fiルーターをご紹介いたします。

Wi-Fi STATION N-01J

キャリアアグリゲーション(CA)技術やアンテナ(MIMO)技術により更なる高速化を手のひらサイズで実現。

コンパクトボディの中に、高速化の技術が詰まっています。

いままでの周波数に加え、新たに3.5GHz帯を加えた5つの周波数に対応しています。

郊外はもちろん、混雑している都心でも快適につながります。

 サイズ/重さ:高さ 約62mm×幅 約98mm×厚さ 約13.6mm/約110g

 通信方式:LTE(受信200Mbps/送信50Mbps)

                  PREMIUM 4G(受信788Mbps/送信50Mbps)

                  3G(受信14Mbps/送信5.7Mbps)

Wi-Fi STATION HW-01H

受信時最大370Mbpsの超高速通信を実現。

高画質な映画やアニメなどのコンテンツを異次元のスピードで楽しめます。

HW-01Hのバッテリーから、お持ちのスマートフォンやタブレットに充電できるモバイルチャージャー機能搭載。

外出先での電池切れでも安心です。

サイズ/重さ:高さ 約64mm×幅 約100mm×厚さ 約22mm/約173g

通信方式:LTE(受信150Mbps/送信50Mbps)

              PREMIUM 4G(受信370Mbps/送信50Mbps)

Wi-Fi STATION N-01H

従来の2つの帯域を束ねるキャリアアグリゲーション(CA)技術を進化させ、3つの帯域まで拡大することで更なる高速化を実現。

受信時最大337.5Mbpsとなり、動画や音楽のストリーミングもブラウジングもストレスなく快適に楽しめます。

スリムでコンパクトなサイズながら、2,500mAhバッテリーを搭載し、省電力機能やBluetooth®テザリング機能に対応。

気軽に持ち運べて電池持ちも安心です。

 サイズ/重さ:高さ 約63mm×幅 約115mm×厚さ 約11.0mm/約117g

 通信方式:LTE(受信150Mbps/送信50Mbps)

              LTE-Advanced(受信337.5Mbps/送信50Mbps

Wi-Fi STATION HW-02G

キャリアアグリゲーション(CA)対応で最速262.5Mbpの高速通信を実現。

また、BWAやADSL回線のスループットを越えたスピードを実現し、固定回線の代替としても活用できます。

Wi-Fi規格IEEE802.11acに対応しており屋内でも外出先でも高速スピードを実現します。

 サイズ/重さ:高さ 約58mm×幅 約95mm×厚さ 約14.3mm/約110g

 通信方式:LTE(受信150Mbps/送信50Mbps)

              LTE-Advanced(受信262.5Mbps/送信50Mbps

Wi-Fi STATION L-01G

800MHzプラチナバンドを含むクアッドバンドLTEに対応し、都心から郊外まで広いエリアで快適な通信が可能です。

LAN側は電波干渉の少ない5GHz帯のIEEE802.11acに対応し、高速通信を安定してご利用いただけます。

Wi-Fiルーターでは最大クラスの4,880mAh大容量バッテリーを搭載。

長時間利用が可能です。

 サイズ/重さ:高さ 約107mm×幅 約65mm×厚さ 約20mm/約186g

 通信方式:LTE(受信150Mbps/送信50Mbps)

              LTE-Advanced(受信262.5Mbps/送信50Mbps)

以上、ドコモでは法人でも利用できるモバイルWi-Fiルーターが5商品ラインナップされています。

3、ドコモのモバイルデータ通信料金

ドコモでは、データ通信製品のモバイルWi-Fiルーターのためのおトクな専用プランがあります。

インターネットをご利用いただくためには、mopera U(200円/月~)などのご契約の申し込みが必要になります。

月額基本料金:1,200円/月

mopera U:200円/月~

シェアパック利用の場合:シェアオプション基本料500円/月~

となり、月額では合計で、1,900円でモバイルWi-Fiルーターが利用できます。

そこで、パケットバックの

ウルトラビジネスシェアパック30、30GB 20回線  13,500円

ウルトラビジネスシェアパック50、50GB 20回線  16,000円

ウルトラビジネスシェアパック100、100GB 30回線  25,000円

と、組み合わせることで、少ない回線数でも、大容量のデータ通信が可能になり、データ量を気にせずお得に使えるのです。

4、まとめ

オフィスでもスマホやタブレットといったデバイスの普及率の増加に伴い、モバイルWi-Fiルーターの需要も拡大しています。

大手各キャリア共に、独自の製品を開発し様々なサービスを提供しています。

その中でも、ドコモの技術力により、高速で安定した通信が行えるモバイルWi-Fiルーターが用意されています。

月額料金も1,900円とリーズナブルな価格で利用できるので、特に外部での作業や営業が多い方は是非導入をしていただきたいサービス内容になっています。

最近の投稿
人気の記事
おすすめ
ページ上部へ戻る